So-net無料ブログ作成

ジャパンカップダート [競馬予想]

先週のジャパンカップはなんとも議論を呼ぶ決まり方だった。
終わってみればブエナとローズが強かったってことが分かった内容ではあったが・・・

審議がとにかく長かった。
スポニチのJC特集新聞の1ページに「世界一正直者レース」ってような内容のコラムがあったけど、まさにそうあって欲しいものだ。審議対象になるパターンを集めて、それとビデオを比べれば早く結果を出せるはずだし、騎手にいちいち話を聞いていたら切りがない。審判が機械的に決めればよいのだ。

さて、話を本筋に戻してジャパンカップダートの予想へ。
今回はうって変わって外国馬なしのメンバー構成。
予想する方とすればこちらの方がなんぼか楽だが、それと予想的中とは別の話。
心を引き締めて予想したい。

1、2、3番が人気を集めているが果たして人気どおりになるのか。
ちなみに昨日の阪神競馬場は外枠に偏った決着が多かった。
今日はダート稍重でスタートとなり内も決まって来ているが、午後には良に回復するだろう。

シルクメビウスは最内枠がどうだろう?
取り囲まれてマクリ決められずが予想されるし、競馬予想TVの井内君が調教中にケリを受けたとの話もあった。

キングスエンブレムとトランセンドはこの中では普通に考えれば上位に評価されておかしくない。
みやこSで1・2着を分け合った両馬だが使い減りが気になる。トランセンドは今回も逃げるだろうが、アリゼオあたりが絡んでいく可能性やGIで早々に競りかけられる可能性もある。
全体的なペースも上がる可能性もあると見て少しマイナス評価とした。
キングスエンブレムはダート王ヴァーミリアンの弟。二周り小柄だが良いキレを持っている。
ペースHで前崩れも期待できるし、後ろから馬群を割って勝ったオークランドRCT、3角からマクリで決めたシリウスS、勝ちパターンを複数持っているのも魅力だ。
メンバーは強くなるが、数値的にはまだ成長が見られるし、あのイメージでの決着を今回の阪神競馬場でも見せてくれると期待している。

二番手を決めるのには少々迷った。
ダイショウジェットは前五走の数値が高いこれの反動かその後は少し馬券圏内から外れていたが、建て直しを図り前走武蔵野Sは明らかに叩き台。今回は復調してくる気がする。

同じく久々のみやこSは叩き台として復調気配のクリールパッション。数値的な伸びを見ても5歳にしてまだ伸びシロありそう。血統的にも父ワイルドラッシュ、母父トニービンはこの条件にはど真ん中。

芝から転向一戦目のアリゼオ。血統的にはダート重賞で上位争いをしてもおかしくない。ただ過去の例ではそうした馬が初戦で負けているのも事実。しかし今回はルメール騎手というのもある。実はルメール騎手は阪神ダート1800m条件で過去五年の集計を取ると勝率42.9%、複勝率71.4%なのだ。これは買わずには要られない。
穴として狙うのならココしかない。

阪神のダート1800mでは逃げ・先行が優位だが、JCDに限ると差し優位な結果が過去五年で見て取れる。
あとは数字的には上位だが先行で分が悪くなりそうな馬を3着候補として取り上げた。

◎ キングスエンブレム
〇 クリールパッション
▲ ダイショウジェット
注 アリゼオ

△ トランセンド、ラヴェリータ、ダイシンオレンジ、オーロマイスター


詳しくはこちらも見てください。10JCD.JPG
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:競馬

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。